プロパンガス代が高いと思った時の対策は知識武装すること!

又今月のガス代が高い!節約しているはずだけどどうしてこんなに高いの?

と怒り心頭だけどあきらめムードの主婦は多いのではないでしょうか?

あきらめてはいけませんし、あきらめている場合ではありません。家計を預かる主婦としては対策を考え行動する義務があるのではないでしょうか。

そこで

プロパンガスは都市ガスに比べ何故高い?
賃貸物件でガス代が高い時の対策は?
一軒家でガス代が高い時の対策は?

以上の疑問にお答えしていきますのでそれぞれ住居別の対策を取って節約したお金で美味しい物を家族の食卓に並べましょう。

目次

プロパンガスは何故高い

タンクローリー
都市ガスに比べプロパンガスは高いのは間違いありません。何故なら製造から一般家庭まで供給されるまで都市ガスに比べあまりにも工程に差が有るからなのです。

都市ガスの場合ですと都市ガス製造工場から配管を伝って送り出されたガスは整圧器で中圧にされ工場や病院や大きな建物などに送られていき、その後更に整圧器で低圧にしたものが一般家庭に届きガスコンロからガスが出る訳です。

この間人はあまり介入していない訳で配管さえきちんと整備されていれば自動的に一般家庭に届くと言うものになります。

この様な特性上、家庭が密集している都市部などでは配管を伸ばしやすく、伸ばした分の経費に見合うのですが、山間部などの家庭が密集していない所に配管を伸ばしても使う家庭が少なければ延ばす意味がありませんのでどうしても住宅密集地域のみの供給となります。

それに比べプロパンガスの場合はその多くを中東諸国などからの輸入に頼っています。タンカーで運ばれ国内の一次基地に貯蔵され、その後国内各地の二次基地に運ばれ、そこから各地の三次基地である充填所に運ばれていきます。

充填所では我々が一般的に見るプロパンガス容器に小分け充填してからトラックに積み込み配送してやっと一般家庭のガス置場に届けられることになりますので、これら製造から一般家庭のガスコンロまでの工程が都市ガスに比べても人の手(人件費)があまりにもかかり過ぎるものがプロパンガスなのです。

その為高いのはある程度しょうがない側面もあるのです。

賃貸物件の場合の対策

賃貸物件を借りる時ついつい駅からの距離や部屋の間取りや周りの環境などに気をとられガスの種類に気を付けていない方が余りにも多いように感じます。

ウキウキで入居したけど数年経ってみるとガス代が高いのに気が付くのです。

「一人暮らしなのにガス代8000円?」

「二人なのに12000円?高くない?」

などプロパンガスの物件の場合は総じて高いと皆様口をそろえて言います。何故なら大家さんやオーナーはアパートや賃貸マンションを新築で造る場合プロパンガス会社がガス設備費などを負担してくれる為、大家やオーナーの負担が少なくて済みますので都市ガスの配管が近くまで来ているのにプロパンにするのです。

当然そのガス設備費などは使用者である入居者の使用料に上乗せされることからプロパンは高くなってしまうのです。

では賃貸物件でプロパンガス代が高いと思った場合はどの様な対策があるのでしょうか。

引っ越す

元々都市ガス物件に住んでいた方はやむなくプロパンガスの物件に引っ越した場合はプロパンガス代の高さに驚くと言います。

同じような使用環境にもかかわらず大体2倍位の請求が来ることから戸惑う方が多いようです。

仮に1か月で5000円違ってくると年では60000円にもなりますので大体1か月分の家賃多く取られている計算にもなりますのであきらめて別な物件に引っ越す方もいます。

しかし最近では賃貸物件の空き室防止のために無料wi-fiを設置したり温水便座を標準装備したりモニター付きインターホンをつけたりするなどあの手この手で空き室防止対策している大家さんやオーナーさんも近年では増えてきています。

我慢する

動かない人は動かないものです。大家さんに「ガス代高いので何とかしてもらえませんか?」と言ってみたところで、何もしてくれない大家さんやオーナーさんは多いものです。

仲介の不動産屋に言っても「大家さんの意向ですから・・」で済まされる場合もあります。

現在に物件が学校のすぐそば、おしゃれな街にある、通勤に便利など他の利便性を重視する場合はプロパンガス代が高くても現状に満足し割り切る事も必要なのかもしれません。

大家と交渉する

賃貸の場合あなたがプロパンガス代が高いと思っているとすれば、他の部屋に住む方々も同じように思っているかもしれません。

一人で大家さんやオーナーに交渉しても無理な場合は住民全員でお願いする場合もありますが、それは難しい問題です。大家やオーナーとガス会社とでどの様な取り決めがあるのかわからない部分もありますので一概に「はいわかりました」とはいかないのが実情です。

只現代ではプロパンガスの物件はガス代が高いが半ば常識になっていますので敬遠される傾向がありますので空き室防止のために安いプロパンガス会社に変更する又は都市ガスに変更する大家さんやオーナーさんが増えてきているのも事実です。

一軒家の場合の対策

一軒家

  • 一軒家の場合近くまで都市ガスの配管が来ているにも関わらず新築時プロパンガスにしてしまった。(私の場合
  • 新築時は都市ガスの配管が近くに来ていなかった為プロパンガスしか選べなかった。

などの理由から都市ガスではなくプロパンガスを選ぶ事になってしまった方もいます。
そのような一軒家の場合プロパンガス代が高いと思ったらどのように対処すればいいのでしょうか?

現在のガス屋に交渉する

現在のガス屋さんに電話して価格交渉すれば残念ですが対応はそれぞれです。

「この地域の場合はこの位の単価は平均的ですからウチだけが特別高い訳ではありませんよ」と言われる場合もありますし、

「わかりました、上司に相談して回答させていただきます」の場合もあります。私の場合も従量単価450円に値上げされた時他のガス会社への切り替えを考えていると電話したら担当がすぐに飛んできて従量単価450円⇒350円へ100円値引きを申し入れてきました。

この時私が思ったことは

  • たった一言文句言うだけで100円下げるんだ・・
  • 文句言わない人にはずっとそのままなんだ・・

と複雑な思いで聞いていましたが、残念ながら多くのプロパンガス屋さんはそのような考え方なのです。

その350円で満足するのであればそれでいいことですし、もっといい条件が欲しければ他社に切り替えると言えば更に条件を出すこともあります。

実際私の場合も現在のガス会社が450円⇒350円⇒250円の条件を出してきましたが、切り替えた現在の会社が一発で250円の条件を出してくれたことから新しい会社に切り替えました。

小出しに少しずつ条件を出すのと一発で好条件を出すのではやはり受ける印象は違いますよね。

既存のガス会社に交渉する際はただ単に安くしてではなく他社への切り替えを検討していると伝えた方が好条件が出やすいのではないでしょうか。

そして注意点としては一時的に値下げに応じ、数年後になんだかんだ言って値上げをする会社も中にはあります。元の単価以上になってしまう場合もあるのでそのような場合は次の対策をしましょう。

ガス会社一括紹介サービスで探す

ガス会社一括紹介サービスというものがある事を覚えておいてください。

似たようなサービス会社がある中でも私がオススメするのが年間5万円も安くなることも?!プロパンガスの料金比較なら【エネピ】
です。

全国展開しておりますし、何しろ私自身がこのenepiを利用してガス会社を切り替える事によって年間4万円以上を節約することが出来たからです。

私の場合は従量単価450円⇒250円となりましたが、中には現在従量単価700円~800円の方もいらっしゃるはずですのでenepiを利用すれば最低でも従量単価が半分になるはずです。

知識武装しまずは行動しましょう。

enepi

関連記事