プロパンガスっていつから自由化?【とっくの昔からです】

ガス自由化時代の到来!

2017年4月よりガスが自由化となりました。賢い主婦なら家計をやりくりするためにいかに光熱費を押さえる事が出来るか腕の見せ所となります。

しかし2017年4月からのガス自由化は都市ガスの事です。

「なんだ都市ガスか!」
「家はプロパンガスだから関係ないのか・・」
「早くプロパンガスも自由化にならないかな・・」
この様に思っている方が実は結構いるそうなんです。

ガス自由化

プロパンガスはとっくに自由化になっていますよーーーー!

この一見当たり前のことと思われがちですが、本当に知らない方、知っているがどうしようもない方、付き合いだからとあきらめている方などが結構多いのです。

そこで今回の記事では

都市ガスは2017年より
プロパンガスはとっくに自由化です
自由化でも好きに出来ない方
必ず交渉又は切り替えを行うべき

以上の内容になります。プロパンガスはとっくに自由化なんですから自らが行動しなければ何も事態は好転しません。良く考えてすぐに行動しましょう。

 

目次

都市ガスは2017年より

 
都市ガス自由化
2017年4月より一般家庭での都市ガス自由化が始まりました。

その前からも大規模商業施設、ホテル、小規模商業施設などは段階的に自由化されており、やっと2017年に一般家庭での都市ガス自由化が始まったのです。

ガス会社を選べると言う事はその都度ガス管工事して自宅までつなぐと思っている方もいらっしゃいますが、それは違って既存のガス管を使用しそれぞれの家庭へ供給するのが都市ガス自由化の概要です。

プロパンガスはとっくの前から自由化です

いまだにプロパンガスは公共料金だから高いのはしょうがないと思っている方が多いようです。

それは間違えです。

 

プロパンガスは公共料金ではなく、とうの昔から自由料金制であり価格はそのガス会社が独自に決める事が出来るのです。この料金は仕入れ価格や配送コストや保安に関するサービスなどによってもちがってきますので全国統一価格と言うものではないのです。

公共料金ではないのですが、都市ガス網が未発達の地域ではプロパンガスを使用せざるを得ない為地域によっては独占的に供給する場合もあることから公共料金だと思いがちなのです。

 

自由化でも好きに出来ない方

賃貸物件
自由化自由化言っても自由化のための行動を起こすことが出来ない方もいらっしゃいます。
それは賃貸の方々です。

アパートやマンションなどの賃貸物件では大家さんが全ての権限を持っています。毎月のプロパンガス料金が高いから自分の部屋だけ都市ガスに変えたいと言ってもそれは無理です。ガス管引き込み工事など行う必要がありますし、建物全体を切り替える必要があるからです。

現在賃貸でプロパンガスの場合それを都市ガスに切り替えることは稀にありますがあまり期待できない事なのです。

何故なら賃貸物件の場合新築時にプロパンガス屋は我が社で是非供給させてほしいと言う事で設備費等はガス会社が負担します。大家さんは自己負担がないのでプロパンガスを選ぶ事が多いのです。

反対に都市ガスの場合ですと大家自らの持ち出しで設備を整える必要がありますので積極的に切り替えることは避けたいものなのです。

都市部の立地の良い場所でしたら大家も強気ですから「文句あるなら出て行けば!」くらいにしか思っていない事もあります。

その為賃貸物件にお住まいの方は理論的な方法で値下げ交渉を行えばガス会社に交渉してくれるこもしれませんが、大家さんの資質次第では動いてはくれません。

必ず交渉又は切り替えを考えるべき

あなたがもしも自己所有物件でしたらまずは現在のガス会社に交渉する事をおすすめいたします。

何故ならほとんどのプロパンガス会社では

何も言わないお客は値上げをする

何か言って来たら値下げする

という考え方をしていますので、文句言わなきゃ損します。

実際に私の場合もそうでした。段階的に値上げし高過ぎでは?と文句を行ったところ一気に従量料金を200円も下げるとか言い出だす始末・・

最終的に他社に切り替えると伝えると最終的に300円も下げるから替えないでと泣きつく営業。

今までの値上げは一体何?この時にガス会社と言うのはこちらからアクションを起こさない限り損をし続けるものなんだととつくづく思いました。

当然信用ならないので私は新しいプロパン会社に切り替えました。

皆さんも半分とはいかないかもしれませんが、自分が行動すれば必ず安くなるはずです。

行動しなければ更に値上げされるかもしれませんよ。
enepi

関連記事